暇つぶしゲームGP» 乙女» 歴史もの» 江戸・幕末»

幕末竜馬伝恋の掟2009/02/03

2関連記事| 3カテゴリ

「幕末竜馬伝恋の掟」は、維新直前の時代を舞台に、幕末の英雄たちを相手に逆ハーレム状態を体験できる乙女ゲームです。

プロローグ

ヒロインは、幕末の、とある城下町に住む平凡な女の子。

そこへ急に、自分と瓜二つの女の子が訪れます。

彼女に「少しだけ私の身代わりになって!」と頼まれ、半ば無理やりに着物を交換させられてしまいます。

わけもわからないまま、不承不承着物の交換に応じたヒロインですが、「自分と瓜二つの女の子」はなんとこの藩の姫君でした。

彼女は、倒幕の成否を左右する結婚話に直面していたのです。

この結婚が成立すると、勤皇を掲げて倒幕することが難しくなるので、ヒロインをお姫様だと思い込んでいる幕末志士たちがとんでもない行動に出ます。

婚姻推進派の幕府と薩摩藩、反対派の長州藩側に分かれ、ヒロインを巡って激しい争奪戦を繰り広げます。

さらに、高みの見物で中立を決め込んでいた坂本竜馬も、「俺の女にする!」と理性もへったくりもなく参戦をして大混乱。

ヒロインはいきなり逆ハーレム状態の嬉しい悲鳴。

でもニセ姫君であることががバレると、斬首の刑になるので、半分悲痛な叫びでもあります。

ヒロインは、「姫君」を演じきり、好みの志士と結ばれることができるのでしょうか。

関連記事

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスは非公開。 * は必須項目です。

*